老眼治療(CK)@老視・白内障治療

老眼治療とレーシックの治療内容比較

治療名 内容説明
レーシック 角膜にレーザーを当てて屈折を矯正して視力を良くし、近視を矯正する治療法です。
老眼治療(CK) レーザーやメスを使用せずにラジオ波(高周波)を使用して、老化で合わなくなったピントを修正する治療法です。
白内障 白内障の原因である眼の中の水晶体の濁りを全て吸出して、水晶体の変わりになる眼内レンズ(人口レンズ)を入れる治療法です。
遠近両用白内障手術 白内障の原因の眼の中のレンズ(水晶体)の濁りを全て吸い出して、レンズ(水晶体)の代わりに遠近両用の眼内レンズ(人口レンズ)を入れる治療法です。老眼と白内障の両方に対応しています。

眼科クリニック治療内容比較

病院名 レーシック 老眼治療 白内障 遠近両用
品川近視クリニック
神戸神奈川アイクリニック
新宿近視クリニック
高輪クリニック
杉田眼科

老眼治療のCKとレーシックの違い

老眼(老視)は個人差もありますが、40歳を越えると起きる老化現象です。近くを見る際にぼやけたりして見づらくなる症状です。
避けては通れない老眼ですが治療法はあります。CK(Conductive Keratoplasty)という老眼治療法です。
CKは眼をメスやレーザーで切除せずに、高周波(ラジオ波)を使用した安全な老眼治療技術で、老化で合わなくなったピントを合わせる老眼治療を行う手術です。 手術前に点眼薬での麻酔をしますので痛みもありません。
また有名なレーシック手術は、視力矯正を行う手術で老眼を治療する手術ではありません。 ただしレーシック手術を受けると近視が回復しますので、老眼による遠近両用のメガネを使用する必要がなくなります。
その為、老眼鏡のみで生活を送ることができます。

白内障の治療方法と老眼の治療方法

老眼は物を見る時のピントが合わなくなる為近くが見えづらくなる症状ですが、白内障は眼の中のレンズ(水晶体)が濁ることによって物が見えづらくなる症状です。
老眼(老視)と同じ老化現象の一つでもありますが、若い方でもアトピー性皮膚炎の方には起こる可能性のある症状です。
老眼(老視)と同様に老化と共に起きる白内障ですが治療法はあります。
治療法としては白内障の原因である眼の中のレンズ(水晶体)の濁りを全部吸い出して、新しい眼内レンズ(人工レンズで水晶体の代わりになります)を入れることによって治療します。
点眼薬による麻酔で手術を行いますので痛みはありません。
老眼治療は、CKと呼ばれるレーザーやメスを使用しないで高周波(ラジオ波)を使用して手術を行います。 高周波を使用するので眼を切除することなく、老化で合わなくなったピントを角膜の外側のカーブの形を変化させて合わせる手術です。

老眼治療と白内障治療を一緒に行う方法

老眼は老化によってピントが合わなくなり物が見えづらくなる症状です。
また白内障は眼の中のレンズ(水晶体)が老化によって濁り、物が見づらくなる症状です。
眼の老化現象として表れる老眼と白内障。この老眼と白内障を同時に治療する方法として遠近両用白内障手術があります。
手術方法としては、白内障の原因である眼の中のレンズ(水晶体)の濁りを全て吸い出します。
その後に遠近両用の眼内レンズ(水晶体の代わりをする人口レンズ)を入れます。
この遠近両用の眼内レンズによって、近くの物も遠くの物も見えるようになります。
これによって老眼鏡をかけないとぼやけて見えにくかった近くの物も老眼鏡なしで見えるようなります。

老眼治療(CK)メニュー

老眼治療(CK)@まだ間に合う老視・白内障治療ガイドリンク