新宿近視クリニックの老眼治療(CK)

メスを使用しない老眼治療「新宿近視クリニック」

新宿近視クリニックは近視治療のレーシックが有名ですが、老眼治療も行っています。
手術と聞くと、メスで切ったりというイメージがありますが、新宿近視クリニックの老眼治療では、点眼麻酔をして、眼球を固定して角膜の曲率を矯正する特別なレーザーを照射するという手術なので、痛みもなくあっという間に終わります。
さらに、手術には最新鋭の機械を採用し、眼科専門医と呼ばれる経験豊かな医師が執刀するので、より安心感も増します。
料金もさほど高額ではなく、お得なキャンペーンなどを行っている期間だとさらに割安で施術が受けられることもあります。
年のせいだから老眼はどうにもならないと思われがちですが、老眼は十分治療できるので、検討されてみてはいかがでしょうか。

新宿近視クリニック|老眼治療(CK)の3つの特徴

老眼鏡とはサヨナラ!老眼はレーザー治療で治る
加齢のせいだから老眼は仕方ないなどと思われがちですが、そうではありません。
老眼も簡単なレーザー治療で十分に治る可能性があり、手術を受ければ手元の視界がクリアになり、老眼鏡も必要なくなります。

点眼麻酔をして、レーザーをあてるだけの簡単手術
手術は点眼麻酔をし、器具を使って眼球を動かないようし、特別なレーザーを照射して角膜の曲率を正しくして、手元の視界をはっきりさせるという簡単なもので、時間もわずか5分で終了します。

アメリカの公の機関が認めた安心、安全の治療法
レーザーをあてるという治療法は、元々はアメリカの会社が生み出した治療法で、アメリカの食品医薬品局という公の機関が、老眼治療としてただ一つ認めている治療技術であるため、安全性も高く信頼できる技術です。

新宿近視クリニックの老眼治療を薦める理由

年のせいで、最近近くの物が見づらくなったという老眼の方も、新宿近視クリニックなら老眼治療が可能です。
治療はメス未使用で、特殊なレーザーをあてて角膜の曲率を正しくし、近くにピントを合わせるというとてもシンプルな手術で、時間も5分で済むため、眼に負担もかかりません。
新宿近視クリニックでは、米国食品医薬品局という機関にただ一つ認められた老眼治療法を採用しており、施術後1年間は保証がついていることからも安心と信頼ができます。
受けられる年齢も老眼が気になり始める45歳くらいから、上は60歳までと幅広く、老眼をなんとか治したいという方にもチャンスが広がっています。

老眼治療(CK)メニュー

老眼治療(CK)@まだ間に合う老視・白内障治療ガイドリンク