品川近視クリニックの老眼治療(CK)

老眼治療(CK)で実績のある「品川近視クリニック」

品川近視クリニックは、レーシック治療を受ける際のクチコミ人気ランキングで、常にその名が挙げられる眼科クリニックです。
名前が先行するだけのクリニックではなく、最新鋭の治療、検査機器と眼科専門医として豊富な経験を持つ医師や専門知識の豊富な訓練士、看護師などのスタッフを配し、訪れる患者さんが不安を感じず施術を受けられ、尚且つとても大切な意味を持つ術後のケアも万全に行うことで高い信頼を得ています。
品川近視クリニックでレーシックなどの視力回復手術を受ける場合、術前に受ける眼科検査は無料での実施ながら3時間もの時間をかけます。
詳細に目の状態を調べることで、よりリスクや負担の少ない施術をするためです。
老眼治療を実施しているのは銀座院のみですが、術後1年が経過するまでに行われる検診は無料、トラブルが起こった場合の追加矯正(初回のみ)など、安心のサポート体制が用意されています。
イントラレーシックがあらかじめ必要な患者さんに対しては、無料で施術を実施するため、遠視や近視、乱視があって老眼治療を受けたいという方にオススメです。

品川近視クリニック|老眼治療(CK)の3つの特徴

最高の結果を導き出すための緻密な検査
品川近視クリニック眼科でレーシックや老眼治療をはじめとする視力回復手術を受ける場合、術前に行われる検査は無料で実施されます。
しかし、およそ3時間もの時間をかけて視能訓練士が精密な検査を行い、詳細なデータをとります。
無料検査であっても万全を期した準備を行うことが、術後の良好な経過へとつながっているのです。

最先端の治療設備の持つ力を存分に発揮するための高度なケア
老眼治療をはじめとする眼科治療に使用される品川近視クリニック眼科の医療設備は、数ある眼科クリニックの中でも大変ハイレベルなものです。
しかし最新鋭の設備を揃えていても、単に置いているだけでは宝の持ち腐れです。
高度な技術レベルの臨床工学技士が定期的に点検やケアを行うことで、初めて高性能な設備が持つ力がいかんなくなく発揮されるのです。

ハイレベルな施術とサポートをロープライスで提供
経験豊富な専門医が施す老眼治療をサポートする看護師も、視力回復術に対する経験な豊富と知識を兼ね備えた優秀なスタッフが揃っています。
しかし技術が高いからと高い費用を設定するのではなく、品川近視クリニック眼科ではさまざまな割引サービスを独自に設け、視力回復を望む多くの患者さんに希望を与えています。

品川近視クリニックの遠近両用白内障手術とは

品川近視クリニックで行われる遠近両用白内障手術に使われるレンズは、「多焦点眼内レンズ」と呼ばれるものです。
従来の白内障手術の際に使用されていたのは「単焦点眼内レンズ」という焦点がひとつしかないものでした。 単焦点を多焦点へと変えることで、一度の手術で遠くと近くの両方を同じ視界で見ることができるようになったのです。
以前の遠近両用白内障手術は、術後の視界もクリアなものとはいえない状態であることも少なくなかったとされています。
世界的にも高性能なことで評価の高い設備と、厳しい基準をクリアした高品質なレンズを使用することで、品川近視クリニックの遠近両用白内障手術は、再施術が必要となる確率が低く、ストレスのない鮮明な視界を得ることが可能なのです。
今まで近くのものを見る時には老眼鏡を手放せなかった方にとっては、まさに朗報といえる治療法です。

品川近視クリニック|遠近両用白内障手術の3つの特徴

万が一のトラブルにも迅速に対応できるサポート体制
品川近視クリニックで遠近両用白内障手術やCKといった老眼治療を行っているのは銀座院のみです。
また、施術日はいつでもというわけではなく、毎週火曜の週一度です。
しかし術後に何かあった場合には、クリニック自体は年中無休のため、いつでも相談することができます。

最高の治療技術にさらに安心のサポートを付加
視力回復手術においてトップクラスの症例数を持つ品川近視クリニックで視力矯正に携わる眼科専門医は、豊富な症例を持つドクターがほとんどです。
確かな技術を持つ医師による施術は極めて安全性の高いものですが、さらに患者さんの安心感を高めるため、老眼治療には保証期間を設け、万一再施術となった場合には期間内は無料で対応しています。

術後に必要と思われるケア用品は無償で提供
視力回復手術を受けた場合は、老眼治療であってもレーシックであっても、角膜の状態は一様に通常よりもダメージを受けやすくなっています。
品川近視クリニックでは、術後のケアに必要となる薬剤の処方や、感染症などを防ぐ保護メガネなどは無償で提供しています。

老眼治療(CK)メニュー

老眼治療(CK)@まだ間に合う老視・白内障治療ガイドリンク